JIKOSOUDAN MANUAL 交通事故相談に強い弁護士

遺産相続手続きについて

誰にでも起こりうることとしてあげられるのが、遺産相続手続きです。個人の遺産の内容や親族の考えなどもありますので、遺産相続がスムーズに行くかどうかの予想はむずかしいことでしょう。一番いいのは災厄のケースを考えて、弁護士や司法書士などの法律家を雇うことです。

紛争が起きそうであれば、弁護士に依頼することで間違いなく対応をしてもらえるでしょう。また、司法書士においては不動産の登記などの業務をされていますので、不動産がある場合には対応をしてもらえることでしょう。遺産の内容を把握し、適した法律家に依頼することが大切になります。

完ぺきにできないと遺産相続手続きは失敗する

完璧にしっかりと終わらせることが、遺産相続手続きでは大事になっています。適当に終わらせてしまうと、本当に厳しい状況になってしまいますし、正しい金額を把握できないまま終わってしまいます。思っているような手続きができない場合には、1度相談をしてみるのがいいでしょう。

相談していくことで、本当に正しい情報を調べてくれますし、正しくない方法については直ちに停止するようにお願いできる可能性もあります。遺産相続手続きを行っていく前には、相談によって早めに解決できるようにしていかないと、これからの手続きに大きな問題が生まれます。

遺産相続手続きが丁寧なら時間はかからない

必要な書類をしっかり持ってきて、正しい手続きをしていけば、そこまで問題となる状況にはなりません。逆に言えば、問題となる状況については丁寧さが足りないと考えられます。用意している書類に不備があるとか、足りない状況になっているなど、手続きをしたくてもできない状況になり、時間がかかってしまいます。

遺産相続手続きも、書類の不備によって結構問題が起きてしまい、時間がかかりやすいとされます。これに対応するために、基本的には書類をしっかりと準備して、問題がないようにしておきたいものです。これがメリットとなり、時間を短縮できます。

遺産相続手続きの放棄を相談

相続したいと思っている要素はあるものの、そのまま引き継ぎをしてもいいのか、手続きをした後にリスクが高くなってしまうかもと思っているなら、遺産相続手続きの放棄について相談しても構いません。弁護士に相談していけば、多くの情報をもらえますので、後は情報を調べて考えていくといいでしょう。

放棄をするなら、受け取る金額は一気になくなってしまいますが、借金などは残らないので安心できます。遺産相続手続きを行った場合に、借金の返済が優先されるようになってしまうと、生活に影響が出ます。放棄は相談しておくことも大事なのです。

おぼえておきたい遺産相続手続きの期限

遺産相続手続きには、期限か決められているものがあります。期限を守らなければ、遺産が相続できなくなるわけではありませんが、相続放棄の期限が過ぎてしまい、多額の借金を含めて相続してしまう事もありますので、注意必要になります。

他には、10か月以内に申告しなければ、相続税の軽減措置が受けられなくなります。1年以内に遺留分の請求をしなければ自分の取り分が少なくなります。これは、残された遺族の最低限の財産を保障される権利ですから、遺留分未満の遺産である場合には、遺留分減殺請求をします。遺言の内容にかかわりません。

遺産相続手続きに関する記事

ページトップ