JIKOSOUDAN MANUAL 交通事故相談に強い弁護士

交通事故相談で被害者が受け取る慰謝料が大幅増

交通事故の被害者になってしまうと、いろいろな損害を受けます。そうした損害については加害者に対して損害賠償請求をすることができます。 損害賠償請求できる項目は大変細かく分かれています。精神的に被ったダメージに対する賠償金である慰謝料はそのひとつですが、実費で請求が原則の治療費や物損の修理費用とは異なり個人差が大きいのが難しいところです。そのため、精神的な苦痛に対する支払いの基準が設れられています。しかしこの基準は自賠責・任意保険・裁判と3つの基準があり、どの基準で計算するかで金額が変わってくるので複雑です。

示談交渉にあたる加害者側の保険会社は、賠償金額を極力安くする方向で安い自賠責基準を使って金額を提示することがあります。慰謝料の金額で損をしないためには、弁護士に交通事故相談をして示談の代行をしてもらうのが最善です。


交通事故でむちうちになったら交通事故弁護士に相談

交通事故でむちうちになったら交通事故弁護士に相談することをおすすめします。なぜならば、保険会社からむちうちになったことをうまく伝えてくれるからです。そうすれば、交通事故による保険金が下りる可能性があります。

あきらめてしまうのではなく、敏腕の交通事故弁護士に依頼しましょう。初回の相談は無料で行っている弁護士もいます。上手に活用することで、治療費を捻出できる可能性が高まるのです。もちろん自分で保険会社との交渉をすることも可能です。しかし、交通事故弁護士に任せてしまったほうが安心して任せられるのです。

交通事故相談の詳細について

交通事故などは何度も経験をしていない限りは、要領を得ないことでしょう。その様なケースにおいても、交通事故の被害者側になってしまったケースにおいては、加害者と加害者側の加入する保険会社と、交渉をしなければならないのです。

自分一人で交渉すると、慰謝料の金額などが低い基準で、適応されてしまう可能性があります。精神的な負担が少ないため、交通事故相談は交通事故弁護士といった専門の機関に任せることをおすすめします。相談をすることで、慰謝料などの金額を引き上げる可能性も出てきますので、非常に優良な手段と言えます。

交通事故相談をしていくことについて

交通事故の相談については、さまざまな場所でおこなわれています。一般的に知られるのが弁護士の様な法律機関になります。他にも、都道府県で設置されている専門の機関や、国が設置している法テラス、日弁連交通事故相談センターなどがあります。

多くの専門機関が設置されているのには、それだけの専門の知識が必要になるからです。また、誰もが関わる可能性を秘めているからです。交通事故にあってしまった場合には、自力で加害者側との交渉を行うのではなく、弁護士などの専門の人に依頼することをおすすめします。決断できない際には、まずは問い合わせしてから決めることです。

交通事故相談の内容について

交通事故の被害者側になってしまった際に、交通事故弁護士や専門の機関に交通事故相談するかしないかで、判断を迫られるケースがあるかと思います。専門家に交通事故相談をするメリットとして、慰謝料引き上げの可能性が高くなります。

慰謝料については、3つの基準で支払われる様になっています。基準によって大きく金額が変わってきますので、注意が必要になってきます。基準については、一番大きな基準として弁護士基準が挙げられます。そのほかに任意保険基準や自賠責基準があります。どの基準になるかは交渉する人によって、変わってしまうケースがあります。

交通事故相談に関する記事

ページトップ